和泉の家 写真紹介

和泉の家の写真を紹介します。

敷地は杉並区の閑静な住宅地。
1階LDKというご要望に対し、隣家が境界近くまで建てこんでいる環境のため採光の確保が課題となりました。そこで、LDK部分はなるべく南側の引きをとった上で、ダイニング上部は吹抜けとし、冬場でも日照による明るさと暖かさを確保できる計画としました。
c0310571_05463547.jpg

c0310571_05463594.jpg
c0310571_05463666.jpg


開放感のあるダイニングとは対照的にリビングは天井高さを抑え、落ち着いた感じとなるよう配慮しています。壁・天井仕上は砂漆喰、床仕上はカラマツの無垢フローリングです。
c0310571_05463626.jpg
c0310571_06011171.jpg



キッチンの脇にはワークスペースを設けています。デスク右下にはプリンタを収納するためのワゴンを造作しました。
c0310571_05463620.jpg
c0310571_05463677.jpg


エントランスは道路側にあり、玄関脇にはトイレと手洗いスペースを配しています。
c0310571_06011131.jpg

c0310571_06011261.jpg
c0310571_05463728.jpg



洗面室はLDKの奥の水廻りゾーンに配しています。清掃のしやすいバックガード付の洗面カウンターに合わせて壁一面のミラーと小物入れを造作しました。
c0310571_05463416.jpg



この家のコンセプトともいえるダイニングの吹抜。これが家の中央に位置することを活かし、吹抜に面する様々な窓から上下階の視線がつながるよう計画しました。
c0310571_06011219.jpg
c0310571_05463778.jpg
c0310571_05463767.jpg

吹抜に面する2階中央はスタディコーナーです。家族みんなで使える幅広のデスクを造作しました。
c0310571_05473669.jpg
c0310571_05473721.jpg



吹抜は約一層半の高さとし、2階床レベルから1.7m上がった部分にも部屋(タタミルーム)を設けています。ちょうどスキップフロアのような構成となっているため、スタディコーナーからは上下階の様子が一望できます。スタディコーナーは北側に位置しますが、半層上がったタタミルームごしに南からの光が拡がります。
c0310571_05473830.jpg



吹抜上部のタタミルームは日常は子供たちの遊び場などとして、来客時は就寝スペースとして活用できます。
c0310571_09330219.jpg

c0310571_09374027.jpg
c0310571_05565959.jpg



スタディコーナーの横は動線の基点となるホールで、タタミルームへ上がる階段があります。階段下部にはソファコーナーが設えられています。
c0310571_05473509.jpg
c0310571_05473696.jpg

ソファコーナーは低天井の籠れるようなスペース。ここからは吹抜ごしにスタディコーナーや下階のダイニング・キッチンとも視線がつながります。一人で落ち着いた時間を過ごすことができ、それでいて家族とも適度につながっていられる、そんなスペースです。
c0310571_05473680.jpg


ソファの背もたれは木製。本を置いたり、お気に入りのポストカードを飾ったりもできるような形状を考えました。
c0310571_05570088.jpg





吹抜の反対側は寝室で、ここにも小窓があります。吹抜ごしに視線がつながり、風も抜けます。
c0310571_05473745.jpg
c0310571_05473792.jpg



寝室の奥側の壁面には窓の下台と連続するかたちでカウンターを造作しました。ベッドヘッド側に小物や灯りを置くのに活用できます。
c0310571_05570051.jpg



外壁は白色のリシンかき落とし仕上げ。2階上部(タタミルーム・ロフト)部分の外壁は屋根と同じくガルバリウム鋼板で仕上げました。
c0310571_05565939.jpg

この秋には外部の植栽工事を予定しており、4m高さのメインツリーから低木・下草まで多様な樹種を入れる計画です。今からとても楽しみです。






木造2階建て  
延床面積(容積対象床面積):108.16㎡(32.72坪)
竣工:2017年5月  
施工:富士ソーラーハウス
設計・監理:新井崇文/新井アトリエ




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

# by takatakataka03 | 2017-09-11 09:47 | 和泉の家 | Comments(0)

秋の気配

早いもので、もう9月に入りました。
この夏はいろいろと忙しかったためか、すごい速さで過ぎていった感があります。

日曜の昼下がり、カラッとした秋風と木々のせせらぎに誘われて庭に出ると・・なんと気持ちの良いこと!
特に雨と湿気の日の多かったこの夏が過ぎ、このような心地よ良さを味わうと「秋っていいな」と心底思ってしまいます。

c0310571_13281151.jpg

オオバギボウシの花もきれいです。
c0310571_13281206.jpg
来たる9/10(日)は新井アトリエにて「第7回 町の縁側サロン」開催です。
今日のような清々しい気候のもと、お客様と楽しい時間が過ごせればと願っています。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

# by takatakataka03 | 2017-09-03 13:43 | 荏田町の家の四季 | Comments(0)

第7回 【青葉・都筑】町の縁側サロン「もうちょっとだけディープな台湾」2017年 9月10日(日)開催のお知らせ

「もうちょっとだけディープな台湾 ―古都・台南と台湾― 」
~台湾の香り漂う伝統的スイーツ『豆花』と烏龍茶、 ドライフルーツを囲んで~
c0310571_13461482.jpg
c0310571_13461560.jpg

暖かい気候、優しい人たち、美味しい料理、夜市、タピオカミルクティー、かき氷……。皆さまは「台湾」と聞いて、どのようなことが思い浮かびますでしょうか? 日本人の旅行先ランキングでも1位となった台湾。その魅力の秘密とは何なのでしょうか?

今回は台湾らしい魅力がぎゅっと詰まった街である台南を中心に紹介させて頂きます。台南は台湾の古都と言われていて、古い建築や街並みが数多く残されています。実は私の母の出身地でもあり、私にとっては田舎である街です。魅力に溢れた台南の観光スポットやグルメ、また短い旅行の間だけでは知ることのできない台湾の人たちの魅力、日本と台湾との歴史や親日の背景など、幅広いテーマでお話しさせて頂きます。個人的な体験談や3000枚以上の中から厳選した写真など、他では見たり聞いたりできない情報も満載です。

また当日は台湾の代表的なスイーツである「豆花」をお楽しみ頂けます。東京で初めての専門店である『東京豆花工房』様にご協力を頂き、出来立てほやほやの「豆花」をお召し上がり頂けます。台湾の親戚にも協力してもらい、台湾の烏龍茶、ドライマンゴー・ドライパイナップルもご用意してお待ちしています。

目と耳だけでなく、美味しいスイーツやドリンクと共に、五感で台湾を感じて頂ける縁側サロンです。台湾へ行ったことがある方も無い方も、まるで台湾にいるようにお楽しみ頂けます。これから台湾へ行こうと思っている方は、台湾での滞在が何倍も楽しくなるような時間になります。ぜひぜひご来場ください。

日 時 : 9月10日(日) <午前の回> 10:00 - 12:00 <午後の回> 13:30 - 15:30
定 員 : 各回8名(予約制)
   定員になり次第締め切らせていただきますのでお申し込みはお早めに!
会 場 : 新井アトリエ  横浜市青葉区荏田町1150-7(田園都市線江田駅徒歩10分)
参加費 : 大人1人 2,500円(台湾スイーツとドリンク込み) お子様連れもOKです!
お申し込み : TEL:045-988-1231 mail: om@fsh.co.jp(富士ソーラーハウス)
  ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④人数(大人・子供) ⑤午前 or 午後 ⑥車利用有無
  上記内容を予約時にお伝えください。
  車でお越しの方にはコインパーキング等をご案内します。
当日連絡先 : TEL:090-9202-1966(富士ソーラーハウス:大沢)
主 催 : 富士ソーラーハウス www.fsh.co.jp
    新井アトリエ一級建築士事務所 www.arai-atelier.com

会場地図こちら

皆さまのご参加をお待ちしております!


# by takatakataka03 | 2017-08-11 16:41 | 町の縁側 | Comments(0)

第6回 【青葉・都筑】町の縁側サロン「自分色グラノーラ研究会」2017年 6月11日(日)開催しました

「第6回 町の縁側サロン」を開催しました。満員御礼の盛況でした。



c0310571_17014022.jpg


c0310571_17013942.jpg


今回はグラノーラ専門料理教室を主宰する、みつはしあやこさんに講師としてお越しいただきました。
みつはしさんはグラノーラのレシピ本も出版され、今注目されている料理研究家です。

c0310571_17013820.jpg


「大切な子供たちに、安全な食材を使っておやつをつくってあげたい!」
みつはしさんのそんな想いからグラノーラづくりが始まったそうです。

c0310571_17014172.jpg


c0310571_17013946.jpg


2階は子供たちのお遊びスペース。お子さん連れでも気軽に参加できるのが、縁側サロンの良いところです。いつも子供たちの相手をしてくれるのは富士ソーラーハウスの相原さん。ありがとうございます。

c0310571_17013976.jpg

実際、みつはしさんにつくってもらうと、意外とシンプルで手軽にできそう。
そして何より、美味しいのです!

c0310571_17014138.jpg
c0310571_17014034.jpg

調理について一通りの説明のあと、みつはしさんお手製の様々な味のグラノーラの試食も。
食べ比べって、本当に楽しいですね。

我が家でも後日早速、材料を買いこみ、グラノーラをつくってみました。
息子も笑顔で「おいしい!」と食べてくれてました。

みつはしさん、素敵な講座をありがとうございました。
また楽しい司会をしていただきました大澤さん、ありがとうございました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

ちなみに、みつはしさんのブログは→こちら
心にしみる文で綴られています。こちらもぜひご覧ください。




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com


# by takatakataka03 | 2017-08-09 17:24 | 町の縁側 | Comments(0)

和泉の家 完成見学会を開催しました

和泉の家 完成見学会を開催しました。
当日は多くのお客様にお越しいただきました。
お忙しい中、お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!
c0310571_20030110.jpg
c0310571_20030289.jpg
c0310571_20030210.jpg
c0310571_20030336.jpg
(以上、写真は当日お越しいただいた明野岳司さんに撮影いただいたものです。)

今回、見学会の一日をこの空間で過ごさせていただいて、
改めて、心地よい住まいができたことを実感できました。
ここまでの道のりは長かったですが、多くの方のお力をいただいてこその賜物と思っています。

そのひとつとして、壁天井の漆喰仕上げを少しご紹介します。
新井アトリエでは、自宅兼事務所の壁天井に砂漆喰仕上が施されており、
ご来訪いただいたお客様の多くがこれを気にいって「同じものを」とご要望されます。
ですが、左官仕上げは手作業ですから、毎回の職人さんによっても少しずつ模様は変わりますし、
施工時期・天気によってもしっくいのねばりや乾き速度が変わるため、仕上がりは変わります。
まさに「左官は生き物」といっても過言ではありません。
c0310571_20030323.jpg
c0310571_20030351.jpg
左官仕上げは、職人さんの傾向として、どちらかというとおとなしくきれいな仕上げになりがちなものですが、
今回は仕上げ当日、私も立ち会って、なるべく荒々しさを出すようにお願いをしながら試行錯誤して出来上がりました。
c0310571_20253429.jpg
端正でいて、荒々しさも内包する、素敵な仕上がりとなりました。ありがとうございました。

左官仕上げの空間は、壁や天井の近さがダイレクトに「空間の心地よさ」として表れるように感じます。
素材の力というものを、あらためて見直した今回でした。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

# by takatakataka03 | 2017-07-05 20:32 | 和泉の家 | Comments(0)


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳