北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01

北欧には2人の偉大な建築家がいます。スウェーデンのグンナー・アスプルンド(1885~1940)とフィンランドのアルヴァ・アアルト(1898~1976)です。共に20世紀に活躍した建築家ですでに亡くなっていますが、彼らが設計した住宅や公共建築は今も多く残っており、見学会できるものも多々あります。かねてから念願だったこれらの建築を巡る旅が実現しました。
この旅では私が日々の業務で主な設計対象としている住宅建築を主として訪れ、併せて公共建築や街並みも見ながら、北欧の人々の暮らしと住まいの関係についても視野を広げたいと考えています。スウェーデン、そしてフィンランドの順で、現地10日目間の日程です。

1日目は日本からフィンランドのヘルシンキ経由で、スウェーデンのストックホルムに入りました。空港でレンタカーを借り、一路南へ。慣れない右側通行、慣れないマニュアル車、そしてストックホルム中心部に近づくに連れてひどい渋滞にあい、クラッチ操作をひたすら繰り返しながらの停止・発進に辟易しながらも、なんとかストックホルム中心部を抜け、さらに南へ向かいます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20145553.jpg


走るに連れて牧草地の広がるのどかな風景が現れました。窓を開けるとフレッシュな緑の香りに包まれます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_21242433.jpg


2時間半の運転の末、ようやく今日の目的地、アスプルンドの夏の別荘に到着しました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20171764.jpg


この家は、アスプルンドが自身の夏の別荘として設計し、建てたもので、1937年に完成し、亡くなるまでの3年間住んでいました。その後、現在は孫娘にあたるシャルロッタさんご家族が引継ぎ、同じく別荘として使っています。南に入江を望み、すぐ北側には岩山を背負い、東は草原の向こうに岩山が控え、西は草原の向こうに森がある。そうした守られたような地形に佇む家で、家の中にいても外に出ても気持ちよく、落ち着く感じがします。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20184510.jpg


リビングからは入江の風景を望むことができます。ちょうどテーブル上のペンダントライトと夕暮れの外の景色との明るさが均衡し、美しい光景となっていました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20201776.jpg


キッチンでシャルロッタさんお手製のパンケーキをごちそうになりました。クレープ状のパンケーキで、ラズベリーのジャムを塗り、生クリームをかけていただくのがスウェーデン式なのだそうです。甘くおいしいパンケーキをいただきながら、シャルロッタさんからこの家の様々な話を聞く時間は、実に素敵なひとときでした。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20312466.jpg


もうすぐ夏至というこの時期、ストックホルムの日没は夜の10時ごろです。夕焼けがゆっくり、ゆっくりと進んでいきます。さて、今日私が泊まるのは、夏の別荘と同じ敷地内に建てられているゲストハウス。これもかつてアスプルンドが設計して建てられたものに手をいれながら、使い続けているものです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20295396.jpg


内部は素朴な佇まいの空間で、ワンルームの中に様々なコーナーがしつらえられています。天井高さに変化があり、端っこのほうは1.35m程度の高さに抑えられていて、とても落ち着く感じがする空間です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-01_c0310571_20330897.jpg
一晩ぐっすりと寝て、長旅の疲れを癒すことができました。明日もアスプルンドの建築を巡ります。


新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所

by takatakataka03 | 2015-06-19 20:09 | 北欧視察 2015


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル