2015年 06月 30日 ( 2 )

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b

スタジオ・アアルトを後にして徒歩10分程度。次はアアルト自邸を訪れました。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05004882.jpg
自邸にはアトリエ(事務所)が併設されており、2層吹き抜けの空間となっています。高窓から光が降り注ぎます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05021785.jpg
アトリエの一番奥にはアアルトが定位置で座っていたという席があります。吹き抜けを望む低天井の落ち着いた空間に2面の窓から入ってくる光が廻り、実に居心地がよさそうなコーナーです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05023704.jpg
アトリエに面して、リビングがあります。このリビングが実に美しく、心地よい!
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05034313.jpg
ソファー・テーブル・ピアノ・暖炉・絵画といったインテリアの各要素と配置の美しさ。そしてそれらほぼ全ての要素が目線より下に配置されていることで、天井の高い空間でありながら、腰の低い落ち着いた雰囲気が醸し出されているように思いました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05030014.jpg
もうひとつの大きな魅力となっているのが、ツタに覆われた窓越しに見える庭の景色です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05040895.jpg
ツタに覆われた窓を外側から見るとこのような感じです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05173270.jpg

リビングの隣にはダイニングがあり、両者は連続した空間となっています。シェード付きのペンダントライトに照らし出されたテーブル面が美しく光り、そこから室内へ光が拡がります。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05130506.jpg
2階へ上がると、そこはセカンドリビングのともいえる場所で、テーブル・ソファー・暖炉が設えられた心地よい空間です。実際アアルトこの暖炉の前で朝食を取ったりもしていたようです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05132387.jpg
このアアルト自邸は実に良い雰囲気でした。自邸だけあって、建築・インテリア・エクステリア全てに渡り、アアルト自身が心地よいと思う世界が体現されているように感じました。
なかなか去り難い思いで庭周りもじっくりと見学しました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05014997.jpg

さて次は海の方へ徒歩30分程度。橋で島に渡り、セウラサーリ野外博物館へ到着しました。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05211390.jpg
ここにはフィンランド各地から集められた古い倉庫・住宅・教会などが多数展示されています。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05222458.jpg

美しいデザインの倉庫です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05232773.jpg

こちらは住宅。スウェーデンで見たのと同じく、フィンランドでも赤茶色の外壁が伝統的です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05240547.jpg

簡素な中に静けさと美しさのある室内です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05242411.jpg
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05244773.jpg


大きなかまどです。家の中にまたもうひとつ家があるかのような形です。大なり小なり、こういった佇まいのかまどが多く見られました。当時のかまどは台所であり、暖炉であり、家族が常にその回りで過ごす、まさに家の中心だったという感じです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05250128.jpg

ある作家の小屋です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05255046.jpg
丸太を加工した雨樋。昨日見たマイレア邸のディテールは、このような伝統的な建物の工法を参照したものなのだろうと思います。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05262601.jpg
鎧戸にハート形の小窓が。かわいらしいです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05264565.jpg

こちらは教会です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05271309.jpg
船底天井の内部空間。光がやわらかく廻り込みます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05273426.jpg
セウラサーリ野外博物館、閉館時間までの1時間ほどで駆け足で廻りましたが、非常に見ごたえがありました。

さて、ヘルシンキ中央駅まで戻り、本日最後に訪れたのはヘルシンキ現代美術館(キアズマ)です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05411460.jpg
入るとこの吹抜け空間に。写真で見ていた印象通り、美しい空間でした。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05414462.jpg
徹底的に水平の流れを強調したデザイン、プロポーション。鮮やかです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05415527.jpg
右側の壁面は垂直ではなく、断面的にもカーブしていて、向こうへ行くにつれその傾きが徐々に変わっていきます。包みこまれるようなやわらかさを感じます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05420561.jpg
スロープを上がり振り返るとこのような感じです。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05421667.jpg
展示室は各階ともこの吹抜けの両側に展開しており、展示を順に廻っていく途中で幾度もこの吹抜けに出て、いろいろな高さ、方向からこの空間を見ることになります。多様な空間体験ができる豊かさ。そして、このような大きなミュージアムにおいて自分のいる位置を度々把握できることは、来場者のストレスを緩和する上でとても重要なことです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05430979.jpg
壁面は打ち放しコンクリートにうっすら白色塗装。アアルトが頻繁に用いていた、レンガ積みの上にうっすら白色塗装する素材感を彷彿とさせます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05433079.jpg
ラウンジやミュージアムショップは街に開かれた心地よいスペース。伝統的な街並みと現代建築との自然な融合を感じました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09b_c0310571_05434309.jpg
これで本日の建築探訪は終了。明日はいよいよ最終日です。


新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所


by takatakataka03 | 2015-06-30 05:59 | 北欧視察 2015

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a

今日はヘルシンキ市内を5箇所見て回る予定です。まず向かったのはフィンランディアホール(アルヴァ・アアルト設計)。ヘルシンキの中央駅のすぐ裏手にあります。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04315917.jpg
中に入り、広いホワイエを進むと、その先には外へ面したラウンジがあります。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04334979.jpg
ホワイエ広く、比較的同じような空間が続きますが、階段廻りはおっ、と目を引く美しいシーンがありました。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04350289.jpg
手すりのディテール。鋼材とラバーの組み合わせで、上質感があります。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04353761.jpg
照明器具もアアルトのデザイン。美しいです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04361803.jpg
このフィンランディアホールでシベリウスの曲のコンサートなど是非聴きたいところでしたが、あいにく夏はバカンスのシーズンで、残念ながら公演はあまりないようでした。フィンランドの人々の多くは、夏は森へ出かけて過ごすのでしょう・・。


次はトラムに揺られること約20分。緑の豊かな住宅街で下車します。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04365431.jpg
そこから徒歩10分程度でスタジオ・アアルトに到着。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_05185137.jpg

アアルトは1936年に事務所併設の自邸を建てそこで活動していましたが、晩年は手狭になったことから近くに新たな事務所を建てました。それがこの、スタジオ・アアルトです。エントランスを入ると、階段上方からの光に誘われます。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04393271.jpg
2階の製図室は明るくおおらかな勾配天井の空間です。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04404302.jpg


高窓の面台はほこりが溜まりにくいように斜めにする配慮が。アアルトの設計した他の建物でも見られるディテールです。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04415476.jpg

打ち合わせ室にはプレゼンテーションのための壁面が。傾いた壁面に、上方トップライトからの光が降り注ぎます。徹底した作り込みが素晴らしいです。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04422156.jpg
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04423767.jpg

同じ2階にあるアアルトのアトリエは最も天井の高い空間。奥に向けて上昇する天井、その先から入ってくる光、中庭側で弧を描く壁面、様々な要素がくみあわさった、芸術的な空間です。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04440751.jpg
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04442881.jpg
1階には食堂があります。台形の平面形状をしており、やさしく、落ち着く空間です。布地の間接照明が温かみある雰囲気を出しています。

北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04445327.jpg
食堂から通路を振り返ると、その先から廻り込む光が美しい。左手のレンガ壁の角のディテールも味わいがあります。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04461075.jpg
この建物はコの字型平面をしており、中庭を囲いこんでいます。中庭はすり鉢状の地形で、シアターのように使える形状になっています。
北欧の暮らしと住まいを訪ねて-09a_c0310571_04484678.jpg
スタジオ・アアルト、どの空間にも明解な見所があり、実に良くできた建築だと思いました。この後、引き続きアアルト自邸へ向かいます。


新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所


by takatakataka03 | 2015-06-30 04:59 | 北欧視察 2015


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル