カテゴリ:自然( 21 )

田んぼの草取り

山梨県北杜市まで出かけ、田んぼの草取りに家族で参加しました。
田んぼの草取り_c0310571_09163401.jpg
子供たちが裸足で田んぼを歩き廻ります。草取りといっても草を引き抜くわけではなく、歩きまわるだけで土がかき回され、生えかけの草が抜けるというわけです。
田んぼの草取り_c0310571_09163429.jpg
大人はこんな器材もつかいます。より確実に土がかきまわされます。私もやりましたが、足元の不安定な泥土をバランスとり進んでいくのは、なかなか普段使っていない筋肉を駆使するものです。いい運動になりました!
田んぼの草取り_c0310571_09163420.jpg
さて、お楽しみの昼ごはん!
田んぼの草取り_c0310571_09163419.jpg
カレーライスの美味しかったこと!
田んぼの草取り_c0310571_09163452.jpg
息子は田んぼに入ってとても楽しそうにしていました。自然の中でこんな体験ができるというのは、特に子供にとって大切なことだなと感じました。
田んぼの草取り_c0310571_09163443.jpg


新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-08-11 09:27 | 自然

御殿場まるびオートキャンプ場

5月・・・キャンプするにも絶好の季節です。

我が家は5月のGW,8月のお盆、9月の連休と、だいたい年3回程度、2泊3日でキャンプに行きます。
8月、9月は暑い時期なので標高が高く涼しいエリアに行きますが、
5月はまだ暑くない時期なので比較的低地のキャンプが快適です。

今年もGW後半に、家族でキャンプに行ってきました。
行き先は、御殿場まるびオートキャンプ場です。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22433769.jpg
このキャンプ場は過去にもう数回利用していて、とても気に入っています。
落葉樹が美しく、地面は芝生で、緑豊かなキャンプサイト。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22441347.jpg
炊事場やトイレなどの施設も木々の合間に埋もれるように建っていて、とても感じがよいです。清掃もきれいで快適です。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22442138.jpg
洗い場ではお湯も出ます。油ものの食器洗いにはうれしい設備です。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22441776.jpg
キャンプサイトは電源付き。また、歩いてすぐのところに温泉浴場があり、非常に快適です。

さて、今回のキャンプのテーマは・・・新調したダッチオーブン!
本格的に使うのは初めてでした。うまく調理できますように・・。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22433057.jpg

まず炭火を起こして、ダッチオーブンの上下に炭を配置します。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22434077.jpg


夕食のメインにローストチキンをつくりました。お味は・・・ジューシーで、美味しい!
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22434324.jpg


アップルパイもつくりました。このときはガスコンロで調理したため、加熱は下からのみ。味は良かったですが、上からも加熱できれば、上もこんがりきつね色のアップルパイができたのだと思います。やはり炭火で上下両方から加熱する手間は、かけるだけの価値はあると思いました。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22433477.jpg

広い空の下でいただく食事は、とにかく美味しいものです。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22435173.jpg

そしてコーヒーブレイクも・・・ハンドドリップで丁寧に淹れて楽しみます。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22435392.jpg


夜は薪を燃やして焚き火を楽しみます。この時期、夜はまだかなり冷えるので、焚き火の暖かさはまた格別です!
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22434896.jpg

焚き火のお伴には、手作りホットワイン。リンゴ、オレンジといった果物と、シナモン、クローブ、ジンジャーといったスパイス、そして砂糖を赤ワインに入れて軽くひと煮立ちさせます。甘く、香ばしい味わいです。昨年秋のキャンプでつくって以来、気に入ってしまい、このところ我が家の定番となっています。
御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22434610.jpg
やること盛りだくさんであっという間の、2泊3日でした。

そういえば、天気もまた盛りだくさん(!)で、キャンプ前半は嵐がきて・・・でもテントも吹き飛ばされず、浸水もせず、なんとか無事に過ごしました。
そして後半はピカピカの晴天に恵まれました。

御殿場まるびオートキャンプ場_c0310571_22442465.jpg
日常を離れて自然の中で過ごす時間。まさに心身をリフレッシュできました。





新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-05-23 23:14 | 自然

御岳山ハイキング

新緑の季節ですね!

先日GWに御岳山へ家族でハイキングに行きました。
JR南武線と奥多摩線を乗り継ぐこと2時間あまり。奥多摩のちょっと手前です。
御岳山ハイキング_c0310571_22544049.jpg

ケーブルカーで中腹まで登り、そこから歩き始めます。次第に道は下り坂になり、沢におりていきます。
御岳山ハイキング_c0310571_22550163.jpg

新緑のさわやかな木漏れ日のもと、お弁当をいただきました。
御岳山ハイキング_c0310571_22550438.jpg

御岳山のケーブルカー駅で売っていた、名物のきび大福。素朴な味わいです。お湯と粉を持参して淹れたコーヒーとともにおいしくいただきました。
御岳山ハイキング_c0310571_22550735.jpg

お昼休憩を終えると、今度は上り坂です。
御岳山ハイキング_c0310571_22550972.jpg

春の花にも出会いました。ヤマブキ・・・大好きな花です。
御岳山ハイキング_c0310571_22551258.jpg

こちらはミツバツツジでしょうか。いい色合いです。
御岳山ハイキング_c0310571_22551547.jpg

やがて山頂の御岳神社にたどりつきました。ふりかえると東京の平野部が見渡せてよい眺めです。
御岳山ハイキング_c0310571_22551815.jpg

ハイキングを終え、ケーブルカーとバスでJR御岳駅までもどってくると、バス停の向かいにこんにゃく屋さんが。試食してみると、驚くほど歯ごたえのよいこんにゃくです。いろいろな味がありましたが、2種類ばかり、おみやげに買ってかえりました。
御岳山ハイキング_c0310571_22544960.jpg
そのうちのひとつ、「豆腐こんにゃく」。大豆粉が入ったこんにゃくで、豆腐のような、あるいはタマゴ豆腐のような、そんなほのかな甘みも感じる味です。これはおいしい!
御岳山ハイキング_c0310571_22545341.jpg
その土地ならではの味に出合うことも、山歩きの楽しみですね。




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-05-21 23:12 | 自然

三頭山

気持ちの良い季節。行楽の秋!ですね。
我が家では昨年から家族でしばしば山歩きに行くようになりました。
この秋も・・・ということで、檜原村の三頭山(みとうさん)へ登りました。
奥多摩周遊道路を車で走らせ、登山道入口の駐車場(標高1000m程度)から歩き始めます。
三頭山_c0310571_07154289.jpg


登山道はいくつかありますが、今回は「ブナの道コース」を鞘口峠側から登ります。
途中の山道に落ちているのは・・・ホオノキの葉ですね。とても大きいです。
三頭山_c0310571_07183575.jpg


この三頭山一帯には貴重なブナの森が残されています。
三頭山_c0310571_07190438.jpg


途中、見晴らし小屋(1397m)でひとやすみ。
三頭山_c0310571_07192552.jpg


見上げると、緑がキラキラと輝いています。
三頭山_c0310571_07194816.jpg


さらに歩を進め、ようやく三頭山の山頂(1531m)に到着。
三頭山はその名の通り、3つの頂があります。これは東側の頂からの景色です。
三頭山_c0310571_07201225.jpg


次に中央の頂を越えて、今度は西側の頂へ。
三頭山_c0310571_07210740.jpg


遠く雲海に浮かぶのは富士の山です。美しい・・。
三頭山_c0310571_07203534.jpg

帰りはしばらく木漏れ日の尾根みちを下ります。
三頭山_c0310571_07213340.jpg

ムシカリ峠を経て、今度は水音こだますブナの森を歩きます。
三頭山_c0310571_07222254.jpg

大滝休憩小屋前にて。大自然の中でのコーヒーブレイク・・・至福のひとときです。
三頭山_c0310571_07224049.jpg

ゆっくりゆっくりの山歩き。
体がポカポカして、心地よくなってきます。
空気はよいし、景色もいい。心身ともに調子が整う感じがします。

温泉に浸かり、ゆったりと過ごしてから帰途につきました。
山歩きの後の温泉も最高です。




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2015-10-12 10:50 | 自然

道志・椿荘オートキャンプ場

シルバーウィーク連休に、家族で道志へキャンプに出かけました。
今回滞在したのは椿荘オートキャンプ場です。

道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15263611.jpg



今回は義理の兄家族と一緒です。ちょうど2家族が入れるサイズで、木々に囲われた心地よいサイトでした。

道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15261178.jpg







道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15270790.jpg


キャンプでの楽しみは、自然の中でのんびりすること。
ペーパードリップでのコーヒーブレイクは私の定番の楽しみです。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15283505.jpg

子供たちは仲良くハンモックにゆられたり・・・
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23222686.jpg

バドミントンをして遊んだりしていました。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23125704.jpg

甥っ子が飼っていたカブトムシとクワガタを持ってきてカゴから出しました。「自然に帰すんだ」と。
・・・私も思わずうなずきました。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23140895.jpg
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23143669.jpg



このキャンプ場の魅力は渓流がそばに流れていること。
アクアシューズに履き替えて、子供たちと一緒に川の中を歩いて上流へ、下流へと行き来しました。渓流の水はとても冷たくて、気持ち良いです。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15274143.jpg

道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15280582.jpg



夕食後の楽しみは、なんといっても・・・焚き火です。
ゆらめく炎を見ながらゆったりとした時間を過ごします。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15281703.jpg

子供たちも夜更かしして焚き火に参加。ただ火をみて時を過ごしているだけなので子供には退屈かと思いきや、やはりゆらめく火の魅力というものは子供にも分かるようです。日常と異なる興奮もあるのでしょう。飽きもせず、ずっと火をみつめていました。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23213915.jpg
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_23182334.jpg

焚き火のお供にはスパイスとフルーツたっぷりのホットワイン。初めて作ってみましたが、予想以上のおいしさでした。
道志・椿荘オートキャンプ場_c0310571_15254500.jpg

ホットワインに入れるフルーツは、レシピにあるリンゴ、オレンジなどの他、バナナをたっぷり入れたら甘みとコクが出ていい感じでした。甘党の方にはオススメです。





新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2015-09-26 15:38 | 自然

道志村・とやの沢オートキャンプ場

お盆休みは家族で2泊3日のキャンプへ出かけました。
行き先は道志村にある「とやの沢オートキャンプ場」です。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08581452.jpg
今年の夏は本当に暑い・・!でも、ここは標高が高く、日中でも木陰であれば涼しくすごせます。ああ、極楽、極楽!
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08540374.jpg
私は普段、建築の設計をやっておりますので、余暇でキャンプに来てもやはり空間デザインに興味が行きます。
キャンプ場であればテントサイトや小屋の配置を含めたランドスケープデザインということになりますが、
そういう視点で見ても、このキャンプ場は実にデザインが素晴らしいと感じました。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09003462.jpg
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08562471.jpg
キャンプ場の雰囲気づくりで大切と思うのは「自然らしさ」ではないでしょうか。
「山に来て、樹木の合間にひっそりとテントを張り、自然の中に埋もれて過ごしたい」そんな思いを胸にやってくる人々の期待に添う風景がここにはあります。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09013081.jpg


キャンプ場に入り、通路を進んでいきます。通路は直線ではなく、ゆるやかに蛇行しているため、進むにつれて少しずつ風景が変化し、新たなシーンが見えてきます。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08591589.jpg


各テントサイトには少しずつ高低差が設けられ、段差部分には樹木や下草等の植栽と石の組み合わさった自然なランドスケープが施されています。
これが実に雰囲気がいい。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09015026.jpg
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09021982.jpg
キャンプ場のご主人と少しお話したところ、ここは20年前にご自分で造成し、木々を植え、作り上げたのだとか。
「ここは道志村の中では比較的後になってから作ったキャンプ場だから、他をたくさん見て、どうすれば雰囲気の良いキャンプ場ができるか随分と研究したよ。各テントサイトに高低差を設けたから、お互い目線がダイレクトには合わないでしょう?!」というご主人の説明に思わず納得しました。
なるほど、きちんと計算されたランドスケープだったというわけです。
高低差と共に、植栽があるから、各テントサイトどうし、透けつつ見えすぎず、程良い距離感があります。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09033921.jpg
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08555311.jpg


トイレや水場の小屋も木々の合間に埋もれるように佇んでいて、美しい風景です。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09030736.jpg
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09023883.jpg
トイレは頻繁に清掃されており、いつ行っても綺麗なので、使う側も「綺麗に使おう」という気持ちに自然となります。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08565885.jpg


場内には心地よいヒノキ風呂があります。車に乗らずに風呂に行けるのは快適です。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08583541.jpg


キャンプ場の中心には広場があります。どのテントサイトからも近い距離に広場があるというのが、このキャンプ場の大きな魅力のひとつだと思います。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08574071.jpg
ここには卓球とバレーボール・バドミントンのコートが常設されていて、ラケットやボールも貸し出しているので、誰でも気軽に遊ぶことができます。その他、バスケットボールのゴールや木製ブランコもあります。
朝も6時台から「朝食前のひと遊び」という感じで夕方まで、いつも親子で賑わっています。広場の賑わいって、いいものですね。「もしこんな村があったら住んでみたい」と思うような、そんな雰囲気があります。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_09113539.jpg


場内にはテントサイトのほか、バンガローも5棟ほど点あります。これも一か所にまとめられているのではなく、テントサイトの合間に点在しているのがいい感じです。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08585657.jpg


このキャンプ場の魅力のもうひとつは川がすぐ近くにあること。浅いので、子供と一緒に沢歩きみたいなこともできます。きれいな石をみつけたり、カエルに出会ったり、子供も飽きずに過ごすことができます。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08533284.jpg

道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08524301.jpg


場内の池では釣りにもチャレンジできます。釣った魚はさばいてくれるので、あとは食事時に焼くだけ・・。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08544144.jpg


キャンプでの私の定番は緑の中でのコーヒータイム。
ペーパードリップで丁寧にコーヒーを淹れます。
こんなゆとりある時間も、キャンプならではの楽しみです。
道志村・とやの沢オートキャンプ場_c0310571_08530167.jpg
夏にはまた訪れたい・・・そんな場所でした。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com


by takatakataka03 | 2015-08-21 09:16 | 自然

那須岳(茶臼岳)

那須岳(茶臼岳)を歩きました。
ロープウェイで標高1686mの山頂駅まで上がります。
下界はこの日も猛暑でしたが、この標高まで上がるとさすがに涼しく、心地よいです。
緑色の山肌が美しく、見通しのよい爽快な風景です。

那須岳(茶臼岳)_c0310571_07322724.jpg

ここから標高1915mの山頂までは目と鼻の先・・に思えますが、
那須岳(茶臼岳)_c0310571_07362295.jpg

今回は山頂を目指さずに、周回ルートをゆったりと散策しました。
那須岳(茶臼岳)_c0310571_07330872.jpg

那須岳(茶臼岳)_c0310571_07340250.jpg

那須岳の周囲を1/3ほど廻った「牛ケ首」という地点で休憩し、引き返しました。
那須岳(茶臼岳)_c0310571_07344177.jpg

那須岳(茶臼岳)_c0310571_07351238.jpg

途中で気に入った岩があり、しばらく立ち止まって眺めていると・・・だんだん亀に見えてきました。
那須岳(茶臼岳)_c0310571_07353863.jpg
それにしても、真夏に屋外を涼しく散策できるとは・・・なんて贅沢なことでしょう。
夏は標高の高いところへ避暑するに限ります!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2015-08-06 07:28 | 自然

阿武隈川散策

白河にて、阿武隈川の渓谷を早朝散策しました。
阿武隈川散策_c0310571_19125815.jpg


私は夏の旅先では好んで早朝に散策をします。早朝であればまだ暑くなく、気持ち良く歩くことができます。
阿武隈川散策_c0310571_19131938.jpg


渓谷の遊歩道を川べりまで下り、水音に包まれながら、しばしのんびりと過ごしました。
阿武隈川散策_c0310571_19141109.jpg

阿武隈川散策_c0310571_19144001.jpg

阿武隈川散策_c0310571_19151435.jpg


渓谷のアジサイは遅めの花を咲かせていました。
阿武隈川散策_c0310571_19162750.jpg


新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所



by takatakataka03 | 2015-08-05 19:12 | 自然

五色沼

裏磐梯の五色沼(ごしきぬま)を訪れました。
五色沼_c0310571_18525533.jpg


鉄分を含んだ水質により、エメラルドグリーンに輝く沼です。散策路を歩いてゆくと、木々の合間から沼が見え隠れします。
五色沼_c0310571_12313611.jpg


このエメラルドグリーンが、実に鮮やかで、深みのある、魅力的な色なのです。青い空、緑の森・・そうした普通に見られる景色の中に、このエメラルドグリーンが挿入されることで、全く見たことのないような、印象的な風景が形成されています。
五色沼_c0310571_12334572.jpg


散策路沿いには花も美しく咲いていました。
五色沼_c0310571_18551880.jpg

五色沼_c0310571_18555495.jpg

五色沼_c0310571_18561619.jpg


小一時間散策したあとは、茶屋でかき氷。夏はやはりこれがいいですね。
五色沼_c0310571_18564393.jpg


新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所

by takatakataka03 | 2015-08-05 12:30 | 自然

裾野キャンプ

ゴールデンウィーク後半は裾野市へ家族で2泊3日のキャンプへ行きました。
富士山が・・・近いです!
裾野キャンプ_c0310571_19484106.jpg

キャンプサイトは全域芝張り。緑が目に優しいです。
芝生の上で遊んだり、食事をしたり、くつろいだり・・・。
「芝生の上って気持ちいい!」と新鮮な思いがしました。
裾野キャンプ_c0310571_19490854.jpg

キャンプでの楽しみのひとつは・・・なんといってもコーヒーブレイク!
持参したペーパードリップの器具で丁寧に淹れて楽しみます。
裾野キャンプ_c0310571_06070912.jpg

コーヒーのお伴にはオランダ製のキャラメルワッフルを用意しました。
カップに乗せるとキャラメルが徐々にやわらかくなって食べごろになり、
コーヒーが冷めるのも緩和できるという、
一石二鳥のお菓子です。気に入りました。
裾野キャンプ_c0310571_19485318.jpg

近くの釣り堀で子供たちと釣ったマスを焼いて食べました。
裾野キャンプ_c0310571_06064529.jpg

夜は定番のバーベキュー。
今回はインドネシア風焼き鳥(サテ・アヤム)に挑戦しました。
漬けだれに漬けて焼いたあと、ピーナツクリーム仕立てのペーストを塗って完成です。
いい味に仕上がりました。
裾野キャンプ_c0310571_06060964.jpg

食事の後は、薪を燃やしてたき火タイム。
この時期、夜はまだ冷えますから、炎のゆらめきと温かさは格別のごちそうです。
裾野キャンプ_c0310571_06062375.jpg

最終日の朝、テント等の撤収を終え、キャンプ場をチェックアウトした後。
まだ時間があったので、御殿場の「とらや工房」に立ち寄りました。
新緑のもと、心地よいテラス席で柏餅とお茶をいただきました。
裾野キャンプ_c0310571_06073454.jpg
裾野キャンプ_c0310571_06080082.jpg
裾野キャンプ_c0310571_06084106.jpg

隣接する「東山旧岸邸」も見学。
かつて首相を務めた岸信介が1970年、73歳の時から晩年の17年間を過ごした自邸で、現在は一般公開されています。環境がすばらしいです。
裾野キャンプ_c0310571_06082387.jpg
新緑の清々しさを満喫した、ゴールデンウィークでした。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2015-05-13 06:37 | 自然


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル