カテゴリ:桜台の家改修( 9 )

桜台の家改修 写真紹介

先日お引き渡しを終えた桜台の家。写真をご紹介します。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17194375.jpg


既存建物は築30年の鉄骨造(ALCパネル)3階建て。
もとは1・2階がオーナー住居、3階がワンルーム賃貸住居(2戸)でしたが、これを1階が親世帯、2・3階が子世帯という2世帯住宅(玄関共用・その他は完全分離)に改修しました。
屋根・外壁を残して内側は全て解体。間取りもガラッと一新した「スケルトン改修」です。

計画の特長のひとつは採光の工夫。
もともと光が入りづらかった1階リビング部分や3階ダイニング部分には新たに吹き抜けを設け、光降りそそぐ住空間を実現しました。
(下の写真は3階部分の改修前後比較。もと賃貸住居の壁や天井を撤去し、吹き抜けから光降り注ぐダイニングスペースとしました。)

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17195775.jpg



もうひとつの特長は造り付け家具へのこだわり。
限られたスペースの中でも暮らしやすさと収納容量を確保するため、造り付け家具を入念に計画し配しました。
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17211303.jpg


もうひとつの特長は「籠れるスペース」をつくること。
家具でさりげなく仕切られたスタディスペースや、タタミ小上がりの籠り部屋など、心地よい居場所が随所に仕込まれています。
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17221971.jpg



では各部分ごとにご紹介していきます。


通り側外観です。外壁仕上げは既存の白タイルを活かし、玄関廻りだけモスグリーン色のガルバリウム鋼板張りとして、イメージを一新しました。シンボルツリーはヤマモミジ。鉄平石の床と植栽がマッチしています。
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17201720.jpg



玄関ドアの内側は杉板貼り。床フローリングも同様に無垢の杉板です。玄関脇には靴のまま入れるエントランスクロークを設け、2世帯分の収納を確保しています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17203469.jpg



階段から2・3階にかけては子世帯のスペース。領域分けとしてポリカ入りの格子戸を配しています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17204349.jpg



階段を上がり、まずは3階へ。正面に黒板塗料の壁が迎えます。振り返ると屋上から吹抜け経由で降り注ぐ光が階段室に射し込んでいます。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17205521.jpg



3階は子世帯のLDKスペース。南側(正面突き当り)からの陽光と、北側吹抜け(右手前)から降りそそぐ静謐な光がブレンドされ、心地よい空間となっています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17210538.jpg



天井高さに変化をつけることで、「落ち着きのあるスペース」と「開放感のあるスペース」のメリハリを生みだしています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17213332.jpg




アーチ型の入り口の中は1畳サイズのタタミ小上がり。昼寝に、読書に、最適です。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17225183.jpg



キッチンの脇にはスタディコーナー。お母さんの目の届く場所であれば、お子さんも安心して勉強できそうです。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17223898.jpg




スタディコーナーは天井を低くし、リビングとの間も棚でやわらかく分節されているため、「籠り感」のある落ち着いたスペースとなっています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17242754.jpg


スタディコーナーはキッチンと隣接しているため、家事コーナーとしても便利です。
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17243990.jpg



キッチンはセミオープン形式。視線は抜けるので会話がしやすく、手元は隠せるのでダイニング側からはスッキリと見えます。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17230052.jpg
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17232068.jpg



光降り注ぐダイニングの吹抜け。階段を上がると、屋上へ。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17245813.jpg



屋上には照明を配しました。夕焼けを見ながらの一杯、あるいはパーティも良さそうです。右側の開口部にはステンレスメッシュを配しており、これから足元のツタ類が育ち上がってくると「緑のカーテン」が形成されます。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17251229.jpg



2階は子世帯の水廻りと個室エリアです。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17252427.jpg



洗面室・脱衣室には十分な収納棚を配しました。タタミルームとの欄間(左上部)からは光が差し込んできます。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17254379.jpg



タタミルームは日常、室内干しや子供の遊びに使うスペースで、来客時はゲストルームとなります。なるべく多くの布団を敷けるよう、収納は吊り戸棚としました。
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17290423.jpg



タタミルームの奥の窓からのぞくと・・・

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17255445.jpg

親世帯の1階リビングとつながります。お子さんがここで遊んでいるときも、下にいる祖父母とここで会話できるようにという趣旨です。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17260240.jpg


桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17263170.jpg




1階に下り、玄関脇の扉を入ると、親世帯のゾーンです。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17262341.jpg
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17264297.jpg



1階はもともと光の入りづらい部分でしたが、今回の改修でリビング上部に吹き抜けを設け、随分と光が入るようになりました。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17265365.jpg
桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17270025.jpg



ダイニング正面壁の上部には欄間を設け、奥の寝室に光と風を届けています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17270936.jpg


寝室では、もとからの建物形状で斜め壁だった部分を活かし、ベッドの枕元に棚を造りつけました。こういった細やかな造作により心地よい雰囲気が醸し出されています。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17272329.jpg


各フロアとも、LDKと寝室は漆喰と杉の無垢板に囲われた空間。自然素材のやさしさに包まれた空間です。

桜台の家改修 写真紹介_c0310571_17273441.jpg


鉄骨造3階建ての改修  
延床面積:約50坪  
竣工:2016年10月  
施工:樹・夢工房
設計・監理:新井崇文/新井アトリエ
写真撮影:新井崇文




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-10-18 17:29 | 桜台の家改修

桜台の家 完成見学会を開催しました

桜台の家 完成見学会を開催しました。
見学会にお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。
桜台の家 完成見学会を開催しました_c0310571_17133615.jpg
お陰さまで多くの方にご来場いただきました。
皆さまから様々なご感想をいただき、大変励みになりました。
今後も心地よい住まいづくりをめざして、設計活動にとりくんでいきたいと思います。


新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com




by takatakataka03 | 2016-10-18 17:15 | 桜台の家改修

桜台の家改修 完成見学会のお知らせ

練馬の2世帯住宅「桜台の家」 リノベーション見学会


新井アトリエにてリノベーション(改修)の設計・監理を行いました練馬の2世帯住宅「桜台の家」がこの秋、完成します。
建て主さまのご理解を得てこのたび見学会を行うこととなりました。

桜台の家改修 完成見学会のお知らせ_c0310571_11074506.jpg

日時:2016年10月1日(土)・10月2日(日) 10:30~16:30
場所:東京都練馬区桜台2-20-1(西武有楽町線新桜台駅より徒歩すぐ)
設計・監理:新井アトリエ一級建築士事務所(www.arai-atelier.com
施工:樹・夢工房(http://www.ituki-yume.jp/


桜台の家改修 完成見学会のお知らせ_c0310571_22503343.jpg

既存建物は鉄骨造(ALCパネル)3階建て。
もとは1・2階がオーナー住居、3階がワンルーム賃貸住居(2戸)でしたが、これを1階が親世帯、2・3階が子世帯という2世帯住宅に改修しました。
屋根・外壁を残して内側は全て解体。間取りもガラッと一新した「スケルトン改修」です。
床面積約50坪という限られたスペースに豊富な造り付け家具を配して暮らしやすさを実現した、玄関共用・完全分離の2世帯住宅です。
吹抜ごしに光が降り注ぐダイニング、家具でさりげなく仕切られたスタディスペースや、タタミ小上がりの籠り部屋など、心地よい居場所が随所に仕込まれています。

桜台の家改修 完成見学会のお知らせ_c0310571_14163110.jpg

参加をご検討いただける方は、新井アトリエHPの問い合わせフォームにて(あるいは下記アドレスへのメール宛てに)ご連絡ください。折り返し、詳細ご案内をお送りします。

<ご連絡先>
新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
e-mail:info@arai-atelier.com
(tel:090-1839-8213) 

皆さまのお越しをお待ちしております。
当日連絡先:090-1839-8213(新井)






by takatakataka03 | 2016-09-17 14:19 | 桜台の家改修

桜台の家改修 砂漆喰仕上げ

桜台の家 改修現場です。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13451529.jpg
造作家具が完成し、3階では壁・天井の砂漆喰塗りが終わりました。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13452149.jpg
屋上への階段の手すりも美しく仕上がっています。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13452338.jpg
支柱はスチール丸鋼、手すりはタモ集成材です。既存の鉄骨階段への取付のため、精度調整が難しかったと思いますが、監督・職人さん方は実にいい仕事をしてくださいました。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13452551.jpg

1階吹抜け上部では砂漆喰塗りがまさに進行中。ベテランの親方、高所でも身ごなし軽く、塗り進めていきます。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13452944.jpg

桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13452735.jpg
この日は2人で塗り進めていました。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13454065.jpg
オガファーザー(壁紙)貼りも進められています。
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13451207.jpg
洗面所のタイルも仕上がりました。建て主さん自らチョイスしていただいたタイル、イイ感じです!
桜台の家改修 砂漆喰仕上げ_c0310571_13453290.jpg
現場はいよいよ大詰めです。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com


by takatakataka03 | 2016-09-17 13:54 | 桜台の家改修

桜台の家改修-葦張り天井

桜台の家、改修現場です。

1階(親世帯)キッチンから吹抜けのリビングを見たところです。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503761.jpg
小上がりの部分は現状は合板下地の状態ですが、この上に畳が敷かれます。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503766.jpg
小穴に手をかけて合板を上げると、下には収納スペースが現れます。スペースを無駄なく使おうという趣旨です。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09572970.jpg
ダイニングの奥は寝室となるスペースです。欄間を設け、北側の部屋にも光や風が通るよう配慮しています。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503736.jpg
階段で3階(子世帯)へ上がった見返し。小窓を通してペントハウスから光が差し込みます。これはいい感じになりそう!
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503749.jpg

3階に上がって正面の壁にはこれから黒板塗料が塗られます。どんなメッセージや絵が迎えてくれるのでしょうか・・?
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503720.jpg
3階はLDKやスタディコーナーが配されたワンルーム構成の空間です。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503710.jpg
ダイニングにはペントハウスからの光が降り注ぎます。階段下にはアーチ状の入り口があり・・・
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503770.jpg

中は1畳サイズの畳小上がり。天井は葦張りです。小窓からの光を受けて、魅力的な雰囲気です。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503773.jpg
ペントハウス南側には庇が設置されました。
桜台の家改修-葦張り天井_c0310571_09503789.jpg
完成は10月上旬予定。現場はいよいよ追い込みの時期に入ります!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-08-11 10:08 | 桜台の家改修

鉄平石

現場進行中の桜台の家改修の玄関ポーチで使う予定の石のサンプルです。
鉄平石といって、長野県の諏訪で採れる石材です。
鉄平石_c0310571_09453543.jpg
薄く割りやすい性質があり、古くから用いられてきた伝統ある建材です。割り肌を活かした風合いが魅力的です。色味も多様で、豊かな表情です。
鉄平石_c0310571_09453565.jpg
現場で施工されるのが楽しみです!





新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-08-11 09:50 | 桜台の家改修

桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き

桜台の家、改修現場です。

玄関廻りの外壁ガルバリウム鋼板一文字葺きが出来上がりました。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16092986.jpg

既存建物の正面は白いタイル貼り。その中で、玄関廻りだけモスグリーン色のガルバリウム鋼板貼りとし、イメージを一新するねらいです。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16092351.jpg



内部では、外周のウレタン断熱吹き付けが完了しています。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16093783.jpg

1階玄関廻り。窓の建具枠の取り付けが終わり、間仕切り下地の設置が進められています。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16092614.jpg

2階は最も速いペースで工事が進んでいます。間仕切り下地がほぼ出来上がり、各室の形状が見えてきました。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16093293.jpg

3階はほぼワンルーム空間なので間仕切りは少ないのですが、天井高さに様々な変化をもたせています。天井下地が組み上がり、各部の天井高さが見えてきました。低天井の部分の居心地良さが早くも感じられます。仕上がりが楽しみです!
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16093534.jpg
床下地の工事が進められています。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16094061.jpg

ダイニング部分にはペントハウスへの吹抜け階段。正面にそびえる銀色の筒は、冬季に日射を受けて暖まった上部の暖気を1階床下まで届けるダクトです。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16094630.jpg

このダクトは部屋の仕上げと合わせて砂漆喰が塗られる予定です。
桜台の家改修 外壁ガルバリウム鋼板一文字葺き_c0310571_16094333.jpg
現場では今回も佐藤監督と細部の打合せを行いました。お陰さまで現場は順調に進んでいます。




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-06-28 16:48 | 桜台の家改修

桜台の家改修 外壁木下地工事

桜台の家改修現場です。GW明けから3人の大工さんが入り、いいペースで工事が進められています。
アルミサッシが設置された後、断熱吹き付け工事に向けて、現在外壁廻りの木下地の設置が進んでいます。

1階では玉城大工と久里大工が作業を進めています。
桜台の家改修 外壁木下地工事_c0310571_22162312.jpg




2階はおおかた外壁廻り木下地が一通り設置されています。
桜台の家改修 外壁木下地工事_c0310571_22162661.jpg

2階道路側では電気の幹線がすでに引き込まれています。
桜台の家改修 外壁木下地工事_c0310571_22162931.jpg



3階~屋上吹抜では菊池大工が作業を進めています。いくつか確認事項を打ち合わせしましたが、図面をよく読みこんでいただいていて、実にやりとりがスムーズでした。頼りにしています!
桜台の家改修 外壁木下地工事_c0310571_22163105.jpg


1階玄関です。スチール扉が設置されました。この扉、外部はガルバリウム鋼板で、内部は杉板で仕上げられる予定です。
桜台の家改修 外壁木下地工事_c0310571_22161959.jpg

現場を一通り見た後、佐藤監督と詳細図等の打ち合わせをじっくり行いました。現場ではいつも、佐藤監督によるスムーズな進行と的確な指示出しが行われており、本当に助かります。引き続き、よろしくお願いします!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-05-25 22:33 | 桜台の家改修

桜台の家改修 既存解体

新たな改修の現場が始まりました。
東京都練馬区の市街地における2世帯住宅です。
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08482303.jpg
鉄骨造(壁・床・屋根はALC版)の建物で、もともと1・2階がオーナー住居、3階がワンルーム賃貸住居(2戸)でした。これを、1階が親世帯、2・3階が子世帯という構成の2世帯住宅に改修するという計画で、間取りもガラッと変わります。外壁と屋根を残して内側は全て解体する、いわゆる「スケルトン改修」です。

現在、現場は3月下旬から始まった既存解体が完了したところです。

1階は親世帯住居となる部分。玄関のみ共用で、そこから両世帯のエリアに分かれます。
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08493553.jpg



リビングは南側に配置しますが、それでも1階は日が射しにくいので、リビング上部の2階床を解体し、吹き抜けとしました。ここから、1階リビングにも光が降り注ぐという算段です。
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08495611.jpg



2階から見たところ。左奥の床開口がその吹き抜けの部分です。吹抜けの右側はタタミルームとなる部分で、子世帯のエリアでありながら、親世帯のエリアとも吹抜けごしにつながる空間となります。
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08492300.jpg

3階は子世帯住居のリビング・ダイニング・キッチンになる部分です。解体前はこのようにワンルーム賃貸住居で仕切られた空間でしたが・・
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08484791.jpg


解体すると広々としたワンルームに屋上への階段が佇む、改修後の空間構成が見えてきました。階段廻りの上部床を解体撤去して吹き抜けを設けました。この階段脇はダイニングスペースとなる計画。屋上から吹抜けごしに光が降り注ぐダイニングとなる算段です。
桜台の家改修 既存解体_c0310571_08485886.jpg
これから9月中旬の完成を目指して改修工事が進められます。現場の進捗が楽しみです。


桜台の家改修 既存解体_c0310571_08483847.jpg
現場でお施主さんから老舗の名物せんべいをいただきました。大きくて厚みもあり、噛むごとに素朴な味わいが広がっていきます。とても美味しくいただきました。ありがとうございました!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2016-04-17 09:13 | 桜台の家改修


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル