<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コンサート

私は自宅(兼事務所)でよく音楽を流しています。
仕事をするときは軽く聴けるようなジャズピアノやボサノバなどのCDをかけることが多いですが、
ちょっと休憩するときや、料理する時などは、クラシックを大音量でかけて盛り上がります。
私は小さい頃からヴァイオリンを習っていて、大学ではオーケストラでも弾いたりしていたのですが、
社会人になってからは忙しさのため楽器から遠ざかってしまい、今は時々自宅でケースから出して弾いたりする程度です。
ただ、それでもCDを聴くのは手軽に楽しめることなので、よく聴いています。

このまえの日曜日は、コンサートを聴きに行きました。
お目当ての曲は、ブラームスの「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」。
(ヴァイオリン:石田泰尚、チェロ:山本裕康、指揮:サッシャ・ゲッツェル、神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
一般的にはあまりメジャーな曲ではないと思いますが、私はかなり好きな曲です。激しく、渋くて、カッコいい曲です。
コンサート_c0310571_23591042.jpg
熱く、真摯な演奏に、勇気とエネルギーをもらえた気がしました。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-30 00:07 | 日々の暮らし

朝霞の家 建具枠取り付け

朝霞の現場です。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17300216.jpg

前回、施工中だったガルバリウム鋼板屋根材の取り付けが、ほぼ完了しました。
屋根がつくと、建物の表情も引き締まってきます。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17301449.jpg

1階の庇も屋根材が取り付けられました。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17302917.jpg

庇の軒天井は、杉板の取り付けが進められています。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17305300.jpg

内部では建具枠の取り付けが進められています。
正面は2階トイレ、左側は洗面所です。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17314114.jpg

洗面所入口の建具枠は、引戸が壁厚の中に引き込まれる形状です。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17315444.jpg
2階トイレの窓枠が設置されました。
下枠は手前に張り出させており、小物やペーパーを置ける棚になっています。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17320661.jpg

ウォークインクローゼットの扉枠も設置されました。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17322096.jpg

振り返って、ウォークインクローゼットから吹き抜け側を見たところです。
朝、身支度を終えてウォークインクローゼットを出ると、トップライトから吹き抜けに降り注ぐ朝の光が迎えてくれる・・そんなシーンが生まれそうです。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17322988.jpg

花家棟梁、主寝室の扉枠廻りを製作しています。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17324508.jpg
中庭に置かれていた資材がなくなり、空間の様子がわかりやすくなりました。
各室が中庭を中心に程良い距離感でつながる・・そんな雰囲気が感じられるようになってきました。
朝霞の家 建具枠取り付け_c0310571_17325686.jpg


新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」

by takatakataka03 | 2014-01-26 20:14 | 朝霞の家

長ねぎヒゲ根の素揚げ

先日、椿農場で長ネギをいただいた際、「切り落としたヒゲ根は素揚げにするとおいしいよ」と教えてもらったので、早速試してみました。
長ねぎヒゲ根の素揚げ_c0310571_16334649.jpg

ヒゲ根にこびりついた泥をきれいに洗って、水気を切ります。
長ねぎヒゲ根の素揚げ_c0310571_16245488.jpg

それを油で揚げます。
長ねぎヒゲ根の素揚げ_c0310571_16250431.jpg

こんがりキツネ色に揚がったら取り出して、塩をふり、アツアツのうちに食べます。
パリパリ・ホクホクと、スナック感覚で食べられます。香ばしくて美味しい!
揚げ具合が弱いと苦みが残るので、しっかりと揚げるのがコツです。
長ねぎヒゲ根の素揚げ_c0310571_16251387.jpg

「根にはその植物の持っているパワーが集約されている」とも言われますので、これは体に良さそう。
お酒のつまみにもピッタリです・・。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-22 16:35 | 日々の暮らし

椿農場の味噌づくり

我が家では最近、千葉県香取市の椿さんという方が作っている無農薬米を購入しているのですが、
おととい日曜日にこの椿農場で味噌づくりワークショップが開催され、家族で参加してきました。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16163435.jpg



味噌づくりの材料のひとつは大豆です。
椿さんが薪をくべて大きな鍋で大豆を煮ています。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16165705.jpg


煮えた大豆をお湯から取り出し、うちわで冷まします。
その後、もちつき機(羽を大豆用に取り換えたもの)を使って豆をペースト状につぶします。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16171379.jpg

もうひとつの材料は米こうじです。お米とこうじ菌を混ぜ、ビニールハウスの中でわらをかぶせて寝かせることで発酵し、米こうじが出来上がります。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16173602.jpg


こうじ菌の発酵には40~45℃がよいそうですが、椿さんはストーブを使わず自然のわらの熱のみで発酵させているそうです。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16181270.jpg

出来上がった米こうじです。食べてみるとほのかに甘い味がします。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16182326.jpg


こうして材料がそろったところで、米こうじ、ペースト状にすりつぶした大豆、それから塩を混ぜ合わせます。
手のひらの腹の部分をうまく使って押すように混ぜます。
息子はいつになく真剣な表情・・という感じでしょうか。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16183944.jpg

混ぜ終わったところで各自持ち帰り用に袋につめて、作業は終了です。
甘酒をいただきながら、休憩です。
玄米からつくられた甘酒とのこと、やわらかい味わいでした。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16191514.jpg


続いて、椿さんが本業の傍ら小規模に栽培している季節の野菜を少しおすそわけしていただけるとのことで、畑に向かいます。
まず、長ネギをいただきました。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16193713.jpg


次に、ほうれんそう等の葉物も。「持てるだけ持って行っていいよ」とのことばに張りきって収穫します。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16195227.jpg

野菜収穫のあとは、お待ちかねの昼ごはんです。
椿農園でとれた野菜を中心に、おいしそうな手作り料理が並びます。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16201564.jpg


中でも人気だったのは「長ネギの醤油漬け」。長ネギをスライスして10分ほど水にさらして辛みを抜き、醤油とかつおぶしであえただけのシンプルレシピですが、アツアツのご飯にのせるとその美味しさにどんどん箸がすすみます。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16202661.jpg

息子はもともと食欲旺盛で、以前保育園では毎日「特盛り」してもらっていたような「大食い」なのですが、
この日もご飯をおかわりし続け、4杯も食べてしまいました。
まだ小1なのに、お腹はだいじょうぶでしょうか・・?
椿農場の味噌づくり_c0310571_16203745.jpg

食後は座学で、持ち帰った味噌の樽詰め方法のレクチャーがありました。
みそ玉をつくり空気が入らないようたたき入れていきます。
椿農場の味噌づくり_c0310571_16204801.jpg

初めての味噌づくり、なかなか興味深い体験でした!
自宅でもまた一から作ってみよう・・と早速、材料の大豆と米こうじを椿さんから購入させていただき、持ち帰りました。




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-21 17:01 | 日々の暮らし

朝霞の家 屋根材取り付け

昨日の現場です。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17375534.jpg


天気は快晴でした。
屋根材のガルバリウム鋼板を取り付けています。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17381814.jpg

下から1列ずつ、ビスで止めていきます。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17383318.jpg

端部は少しはみ出させておいて、
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17384888.jpg

工具でエイッと曲げて下側に折り込みます。
その仕組みはさながら折り紙のようです。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17390964.jpg

1階天井レベルの庇も、防水材のアスファルトルーフィングが施工されました。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17392358.jpg

内部では、2階トイレの窓枠がこれから取り付けられるところです。
下枠が手前に張り出ているのは、小物やペーパーを置く棚となるためです。
朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17393407.jpg

階段詳細図について打ち合わせをしました。

階段は、通常水平方向に移動する人間が、例外的に垂直方向にも移動するという特殊な部位です。
その人間の動作を支える階段や手すりには機能性、耐久性などに対する周到な配慮が必要となります。
また、今回のように吹き抜け空間に位置する階段は、デザイン的な美しさも求められます。
設計者として私が想いをこめて描いた詳細図に対して、池田監督からは「どのようにつくればより美しく、より丈夫なものになるか」という観点から施工方法の様々なアイディアが出てきます。

朝霞の家 屋根材取り付け_c0310571_17394577.jpg
打ち合わせの結果、階段廻りの詳細方針をほぼ詰めることができました。
出来上がりが楽しみです。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-17 18:14 | 朝霞の家

空手大会

先週末は、息子と私が通っている空手教室の大会に出てきました。
武道の大会なるものに私はこの歳まで無縁でしたが、参加してみると「凛」とした雰囲気に心が引き締まり、なかなかよいものです。
空手大会_c0310571_09275306.jpg
空手には、技の正確さ・美しさを競う「型」試合と、制限時間内で互いに打撃しあう「組手」試合があります。
私は「型」のみですが、息子は「型」「組手」ともやっており、どちらかというと相手と直接やりあう「組手」のほうにリアリティと楽しさを感じているようです。
空手大会_c0310571_09440139.jpg
息子の組手試合、1回戦は中段回し蹴りで「技あり」を2本先取して勝利! でも2回戦は残念ながら敗退、でした・・。
「息子よ、次は2回戦突破を目指してがんばれ!」




新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-14 09:53 | 日々の暮らし

朝霞の家 壁・天井下地材施工

昨日の現場です。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15444681.jpg

壁・天井の下地材(プラスターボード)の施工が進んでいます。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15453794.jpg

下地材により面が構成され、トップライトからの光がきれいに拡がるようになりました。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15454698.jpg

子供室も雰囲気がだいぶ分かるようになりました。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15460037.jpg

勾配天井に覆われたロフトはちょっと「籠る」感じがあり、おちついたスペースになりそうです。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15460938.jpg

ロフトから見下ろすと、2階廊下の向こうに1階リビングの地窓まで視線が通ります。
お母さん「もうすぐごはんできるよー!」
お子さん「わかったー!」
といった会話が今にも聞こえてきそうです。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15464100.jpg

2階天井のすぐ上には断熱材が敷き詰められています。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15470947.jpg

1階の天井はこれから張られますが、電線関連がすでに仕込まれています。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15473674.jpg

花家棟梁、床フローリング材をカットし、取り付けていきます。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15475231.jpg
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15480216.jpg

池田監督と、家具詳細図の打ち合わせを行いました。
図面を見ながら気がついた事項を確認しあい、
工事がよりスムーズに、仕上がりもより美しくなるよう、施工図面の精度を高めていきます。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15482086.jpg

昨日は天気がよく、気持ちのよい陽気でした。
帰りに空を見上げると、青空にかわいらしい雲が浮かんでいました。
朝霞の家 壁・天井下地材施工_c0310571_15483790.jpg

新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-10 16:15 | 朝霞の家

健康第一

新年になり、神社などで願い事をした方も多いのではないかと思います。
私はとにかく今年も一年、健康に過ごせますように、というのが一番の願いです。
健康でさえあれば、何事も頑張れますから・・。
健康づくりの習慣といえば・・・ジョギング、ウォーキングなど、人それぞれスタイルがあると思います。

健康法、という程のことでもありませんが、私がこの十数年来やっていることがあります。
「朝起きたら外に出て新鮮な空気を吸いながら体操をする」
「風呂上がりにはストレッチで体をほぐし、寝ている間の血流を良くする」
ということ、それから
「週に1回はプールで泳ぐ」
ということです。
特に、泳ぐことは大切にしています。
最寄りの公営の温水プールに行って、20~30分間ゆっくりと泳ぐ、というだけですが、
泳ぎ終わると凝り固まっていた上半身肩廻りから頭にかけての血流が良くなり、
体はポカポカ、頭はスッキリとして最高の気分です。

体の調子がよいと気分も良くなり、仕事のクオリティも上がります。
今年も常に体調をケアしながら、良い仕事をしていきたいと思います!
健康第一_c0310571_11381674.jpg

新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-08 11:44 | 日々の暮らし

自然観察会

横浜市南部に「横浜自然観察の森」という大きな緑地があります。
ここでは自然を楽しむ様々なイベントが行われていますが、
昨日「季節の森を歩こう」というガイドツアーに親子で参加しました。

自然観察会_c0310571_21370271.jpg


動物・植物に精通したレンジャーの方々が、1時間ほど森の見どころを案内してくれます。

自然観察会_c0310571_21371988.jpg


草原に点在している、植木鉢をひっくりかえしたような土の小山はなんだろう?・・これは草原の地中に網の目のようにトンネルをつくっているもぐらが掘り出した土でした。

自然観察会_c0310571_21373562.jpg


一見、生き物の気配が少ない冬の森だけど、みんなどこにひそんでいるんだろう?・・と、枯れ木を拾って新聞紙の上で割ってみると、ワラジムシやカブトムシ幼虫など、様々な生き物が出てきます。子供も興味深々です。

自然観察会_c0310571_21375378.jpg


枯れ葉にこびりついている綿のようなものはなんだろう?・・これはクモが卵を産むために綿のようなものを出して枯れ葉で巻いたところです。(下の写真には卵が見えません。残念ながら鳥に食べられてしまったようです)

自然観察会_c0310571_21380487.jpg


冬なのに青々と葉をつけた低木。これは当然、常緑樹?・・と思いきや、「オニシバリ」という落葉樹で、夏に落葉するのだそうです。冬は高木が葉を落とすため地表部まで陽がさしこみ、低木が光を浴びるチャンスなのです。

自然観察会_c0310571_21381702.jpg


ヘイケボタルの湿地。ここでは2月になるとある日突然カエルが集結して大合唱がおき、一斉に産卵するそうです。

自然観察会_c0310571_21382831.jpg


そんな話を楽しくききながら、あっという間に1時間の散策は終了しました。もっと、いろんな話をききたい・・・また季節ごとに参加してみようと思いました。
それにしても、寒い日でした。外のベンチで飲んだ熱々のお茶が・・・実に美味しかったです。

自然観察会_c0310571_21383868.jpg



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」


by takatakataka03 | 2014-01-06 22:08 | 日々の暮らし

元日の鎌倉

2014・・・新しい年が始まりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨年は多くの方々との出会い、再会、そして楽しい交流がありました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて元日の我が家は、昼間に妻の実家へ、夜に私の実家へ顔を出すのが恒例となっていて、さらに朝からは(妻の実家から程近い)鎌倉へ出かけ散策するという行事が昨年から加わりました。
晴れ渡った空の下、鎌倉駅から西側へ、閑静で緑豊かな住宅街を歩いていきます。

元日の鎌倉_c0310571_05033535.jpg


鎌倉を散策するお目当ては、歴史、自然、そして・・・甘味処!?
まず最初に立ち寄った1軒は「茶房 雲母(きらら)」です。

元日の鎌倉_c0310571_05040630.jpg


大きな白玉がたくさん乗ったあんみつをいただきました。
もちもち系スイーツの好きな妻も大満足の一品でした。

元日の鎌倉_c0310571_05060127.jpg


店内からは庭も望め、おちついた雰囲気です。

元日の鎌倉_c0310571_05061792.jpg


店を出て、さらに西へ歩を進めます。
佐助稲荷を抜け、山の尾根へ上がります。

元日の鎌倉_c0310571_05065038.jpg


そこから尾根伝いに南へ歩きます。上空の風が木々をゆらし音を立てていますが、陽射しが温かく、気持ちよいハイキングです。
鎌倉は海以外の三方を山に囲まれた盆地。市街地のすぐ傍にこのような豊かな自然があります。

元日の鎌倉_c0310571_05070755.jpg


息子も山道になると俄然はりきって歩き出します。自然の心地よさに子供はより敏感に反応しているのかもしれません。
木の根っこでできた階段も楽しげに踏み進んでいきます。

元日の鎌倉_c0310571_05072208.jpg

やがて尾根道を下り、再び市街地へ。
高徳院へ立ち寄ります。
元日の鎌倉_c0310571_05075047.jpg


ここには鎌倉大仏が鎮座しています。750年前に大仏が作られた頃は建物(大仏殿)の中にいましたが、1495年の大地震で発生した津波で大仏殿は倒壊し、その後再建はされず、500年余りの間「露座の大仏」として鎌倉の街を見守ってきました。

元日の鎌倉_c0310571_05080793.jpg


近づいて見上げると、大仏の大きさを実感します。像高11.9mです。

元日の鎌倉_c0310571_05083009.jpg


大仏はもちろん圧巻ですが、私が魅かれたのは裏手にある「観月堂」です。
赤さび色の散らばる瓦の色合いと、軒先の曲線が、なんとも素朴で美しい感じなのです。

元日の鎌倉_c0310571_05090469.jpg


軒先の瓦は1枚ごとエプロンのような丸みを帯びた形となっていて、日本ではあまり見ない珍しい形だと思いました。

元日の鎌倉_c0310571_05093702.jpg

調べてみるとこの観月堂は、もとはソウルにあった朝鮮の李王朝の月宮殿を1924年に移築したもの、のようです。
同じ瓦屋根の建築でも、隣国では少し風情が異なる・・・おもしろいものです。
韓国に残る古建築も、実際に行ってこの目で見てみたいと思いました。

元日の鎌倉_c0310571_05084530.jpg


さて、高徳院を出て一路南へ・・・すぐそこは由比ヶ浜です。
元日の陽光が海辺を明るく照らしています。

元日の鎌倉_c0310571_05095329.jpg


鎌倉散策の締めくくりは・・・やはり甘味処!
本日の2軒目は、「Asian Dessert & Food MANORA」です。

元日の鎌倉_c0310571_05100701.jpg


温かい雰囲気の店内です。

元日の鎌倉_c0310571_05102176.jpg


昨年夏に旅した台湾で気に入りよく食べていた「芋圓」という、裏ごしした芋の団子を甘く煮たスイーツをいただきました。
台湾ではタロイモからつくられた団子を多くみかけましたが、このお店ではサツマイモや紫イモの団子が入っています。
ほんのり甘くてなんとも優しい味わいです。もちもち系スイーツ大好物の妻も再び満足の一品でした。

元日の鎌倉_c0310571_05104202.jpg


もうひとつ、「あたたかい仙草(せんそう)ゼリー」という台湾スイーツもいただきました。
仙草という薬草からつくられたゼリーで、黒糖にも似たような香ばしい香りがします。
こちらもほんのり甘くて優しい味わいです。
元日の鎌倉_c0310571_05103325.jpg


歴史、自然、甘味処(!)を満喫した鎌倉散策でした。

 



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
email: arai@t01.itscom.net

プロフィール
設計実例「荏田町の家」






 


by takatakataka03 | 2014-01-03 07:03 | 建築・街並み・史跡


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル