<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フィールドアスレチック

三連休の最終日は親子でフィールドアスレチックに出かけました。
息子の小学校同学年メンバーのご家族も一緒です。
場所は我が家から車で15分ほど、横浜市内のつくし野というところです。

朝9時の開場時、すでにかなりの賑わいになっています。
広大な森の中に点在する50のアスレチックを廻っていきます。
フィールドアスレチック_c0310571_16201560.jpg
フィールドアスレチック_c0310571_16202706.jpg


友達と一緒だということもあり、息子は張りきってアスレチックに挑戦していました。
(小学2年生であれば8割方は攻略できる難易度と感じました)
フィールドアスレチック_c0310571_16211905.jpg


基本的には森の中を廻っていくので環境が良く、見守る親たちも散策気分で心地よく廻れます。
丸太を使った様々な形のアスレチックが待ち受けます。
フィールドアスレチック_c0310571_16205005.jpg
フィールドアスレチック_c0310571_16213072.jpg



ロープを握りながら下りる場面。この後、手が滑ってほぼ落下・・・しましたが、幸い怪我はなし。まあ、これくらいの危険も、生きる力を身につけていくための貴重な経験かもしれません。
フィールドアスレチック_c0310571_16214156.jpg


森を抜けると次は水面上のアスレチックに挑戦です。
フィールドアスレチック_c0310571_16215247.jpg


再び森を廻り、最後は「アリ地獄」で遊ぶ子供たち。
フィールドアスレチック_c0310571_16220416.jpg


自分の身体能力に挑戦するアスレチック・・・子供たちは存分に楽しんでいました。
それにしても朝から昼過ぎまでのアウトドア・・・けっこう疲れました。
帰ってシャワーを浴びたあと、親子共々爆睡したのは言うまでもありません・・。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2014-07-22 16:48 | 自然

三渓園観蓮会

三連休2日目は早朝から出かけました。
行き先は横浜の三渓園です。
この時期、「早朝観蓮会(かんれんかい)」として、朝6:00から開園しています。
(8月10日までの土日祝日開催)

5:00すぎに家を出て車を飛ばしたところ、5:45ごろには三渓園に到着しました。
すでに開園を待つ人で賑わっています。

三渓園観蓮会_c0310571_21592269.jpg


6:00の開園と同時に中に入ります。
入口から近い湿地に、たくさんの蓮(はす)の花が咲いていました。
丘の頂に三重塔も見え、いい風景です。
三渓園観蓮会_c0310571_21593892.jpg


レンコン(蓮根)といえば皆さん食卓でなじみがあると思いますが、実はこの蓮(はす)の地下茎です。
蓮の花は早朝に咲き、昼には閉じます。
三渓園観蓮会_c0310571_22000933.jpg


美しく、そして大きい・・。インパクトある花です。
三渓園観蓮会_c0310571_22002978.jpg


蓮は花も美しいですが、葉っぱも大きくて見事。蓮の葉といえば、映画「となりのトトロ」でトトロが傘がわりに使っていた葉が、まさにこの蓮の葉です。実際、蓮の葉は撥水性抜群で、朝露が葉の上でコロコロと転がっていました。

三渓園観蓮会_c0310571_22004082.jpg
三渓園観蓮会_c0310571_08195767.jpg


蓮の花を観賞した後は、中華街に立ち寄り、「謝甜記 貳号店」で朝ご飯。中華粥と油条(中国の揚げパン)をおいしくいただきました。朝の中華街、ほとんどの店はまだ開店前で通りは閑散としていますが、このお店は8:30から開店し、満席で賑わっていました。
三渓園観蓮会_c0310571_22005406.jpg
暑さ厳しい夏ですが、朝はまだ涼しくて気持いい!
「早起きは三文の得」とはまさにこういうことかも・・・?



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2014-07-21 22:34 | 建築・街並み・史跡

水鉄砲大会

3連休が始まりました。
子供たちはいよいよ夏休みに突入です。
この3連休初日、親子で水鉄砲大会に参加しました。

息子の通う小学校には「おやじの会」というものがあり、
有志の父親たちが集って子供たちと楽しめるイベントを企画・運営しています。
私もこれに参加しているのですが、
活動を通して父親どうしが交流する場にもなっていて、
「おやじどうしが仲良ければ子供どうしも仲良くなる(?)」という点でも有意義な活動だと感じています。

年に4回、イベントを行いますが、
今回はそのうちのひとつ、水鉄砲大会です。

曇り空、時折小雨がぱらつく中ではありましたが、なんとかイベントを決行できました。
水鉄砲大会_c0310571_03364362.jpg
ルールは単純。チームごと互いに水鉄砲を撃ちあい、相手陣地の的を撃ち落としたら勝利です。各選手は頭につけたポイが濡れたらアウトとなります。
水鉄砲大会_c0310571_03330052.jpg
水鉄砲大会_c0310571_03365116.jpg
存分に水鉄砲を撃ちあって、子供たち、楽しそうでした!





新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2014-07-20 04:37 | 日々の暮らし

夏の気配

先週は超大型台風が日本列島を縦断し各地に被害をもたらしましたが、
台風が去った後、今度は30度越えの猛暑日が増えてきました。
いよいよ本格的な夏の気配・・という感じですね。

夏の我が家はなるべく冷房を使わず、
自然風と扇風機で暑さをやり過ごすスタイルです。
(さすがに近年は猛暑著しく、時々は冷房のお世話になりますが・・)

週末は息子とボードゲームをして遊びました。
夏の気配_c0310571_21051148.jpg
なるべく風の通る場所で・・という思いから、中庭に面する窓を網戸にして、その前に陣取りました。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2014-07-15 21:30 | 荏田町の家の四季

グランルーフ

先日、所用で東京駅近辺に行ったときのこと。

東京駅といえば丸の内口にある国の重要文化財の「赤レンガ駅舎」が有名ですが、
八重洲口には「グランルーフ」という名の大屋根が昨年完成しています。
立ち寄ったついでに見学してみました。
グランルーフ_c0310571_10271145.jpg
グランルーフ_c0310571_10272939.jpg
この大屋根は「光の帆」をデザインモチーフにしたとのこと。膜材で出来た屋根が光で柔らかく照らされ、きれいです。
大屋根下部のペデストリアンデッキ(歩行者デッキ)にはカフェやレストランなどが立ち並びます。伸びやかで気持ちのいい空間です。
首都駅・東京に、このような新たなシンボルとなる空間が出来たのは、素晴らしいことだと思います。
グランルーフ_c0310571_10274505.jpg


グランルーフを見学した後は、向かいの八重洲ブックセンターに入り、中2階のカフェでコーヒーブレイク。
窓際には、グランルーフがよく見える心地良い席がありました。
グランルーフ_c0310571_10275971.jpg


新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com


by takatakataka03 | 2014-07-09 10:55 | 建築・街並み・史跡

朝の光が柔らかく廻り込む寝室

夏至を過ぎましたが、今の時期、かなり朝早くから空が明るくなります。
私は比較的朝型の生活をしていますが、4時ごろ起きるともう空が明るくなり始めています。

我が家の寝室は2階にあり、ロフト脇の吹抜け部分にはハイサイドライト(高窓)を設けてあります。
これが北東側を向いた窓なので、ここからすりガラスごしに入る朝日が天井面を照らし、やわらかく降り注いできます。
朝の光が柔らかく廻り込む寝室_c0310571_05150002.jpg

朝の光が柔らかく廻り込む寝室_c0310571_05160799.jpg
朝、目が覚めた瞬間に「あ、もう明るくなってきたな」と朝の訪れを感じることができます。
これは一日の始まりとして「なかなかいいなあ」感じています。
(もっとも夜更かししてしまうと、朝の光で起こされてつらいですが・・)

「朝の光が柔らかく廻り込む寝室」・・・朝型生活の方にはお薦めです!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com


by takatakataka03 | 2014-07-08 05:55 | 荏田町の家の四季

オリジナル楽器で聴くバッハ(その2)

先月に引き続き、近所のフィリアホールで行われたコンサート「オリジナル楽器で聴くバッハ」の第2弾に行ってきました。
今回の曲目は無伴奏チェロ組曲・・・だけど、ヴァイオリン奏者による演奏なのです。


オリジナル楽器で聴くバッハ(その2)_c0310571_09092511.jpg
使用されるのは「ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ」という楽器で、訳せば「肩に乗せて弾くチェロ」といった意味の楽器名です。
つまり、普段肩に楽器を乗せて弾いているヴァイオリン奏者でも、この楽器を使えばチェロパートが弾けてしまうというわけです!
現在ではほとんど見かけないこの楽器ですが、
バッハの時代にはこの楽器が存在し、ヴァイオリン奏者によりチェロパートが演奏されることがあったようです。
オリジナル楽器で聴くバッハ(その2)_c0310571_09391121.jpg
こんな感じで肩に構えて弾きます。
ヴァイオリンやヴィオラよりも大きい楽器なのであごにはさむわけにはいかず、
ベルトのようなもので首にかけて弾きます。
確かにチェロのような低音、そして繊細でやわらかく深みのある音色がしました。

廃れていた楽器が復元されたことで、200年以上昔の音色を、今こうやって聴くことができました。
自分も素人ながらヴァイオリンを弾いたりしていますが、あの楽器、弾いてみたい・・! でも、すっごく高いんだろうなあ・・。



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com

by takatakataka03 | 2014-07-07 09:44 | 日々の暮らし

夏野菜収穫

我が家には、中庭から自転車置き場上部に突き出たデッキスペースがあります。
ここでは季節の野菜を育てていて、「菜園デッキ」と呼んでいます。
「木漏れ日の下でくつろげる中庭」に対して「陽当たりのよい菜園デッキ」というように、性質の異なる外部空間をつくり、用途に応じて使い分けています。

夏野菜収穫_c0310571_05074738.jpg

中庭から木ルーバー仕立ての扉を開けて菜園デッキにアクセスします。
夏野菜収穫_c0310571_05081746.jpg

容量の大きいプランターを4台設置し、野菜を育てています。今はちょうど収穫の時期です。
夏野菜収穫_c0310571_05090110.jpg

ミニトマトはかなり大粒になりました。
夏野菜収穫_c0310571_05093397.jpg

ナスは炒めて味噌でからめて食べたら美味でした。
夏野菜収穫_c0310571_05095556.jpg

ピーマンはチャーハンに入れたりしています。
夏野菜収穫_c0310571_05101584.jpg

カブもとれました。さっと茹でてしょうゆとのりで磯辺あえにしました。
夏野菜収穫_c0310571_05103858.jpg

シソはうどんやそうめんの薬味としてこの時期重宝します。
夏野菜収穫_c0310571_05105563.jpg

自然の恵みに感謝です!



新井崇文/新井アトリエ一級建築士事務所
http://www.arai-atelier.com/ (←HPはこちら)
email: info@arai-atelier.com



by takatakataka03 | 2014-07-06 05:33 | 荏田町の家の四季


「光」「風」「緑」といった自然の恵みを活かした住まいを設計しております。ご連絡はこちらまで→info@arai-atelier.com


by takatakataka03

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
その他
メディア取材・掲載
新井アトリエの紹介
荏田町の家(自宅兼事務所)
荏田町の家の四季
朝霞の家
ネストハウス
弦巻の家改修
経堂アパートメント
日々の暮らし
町の縁側
建築・街並み・史跡
自然
北欧視察 2015
岡山・兵庫 建築視察 2016
桜台の家改修
和泉の家

以前の記事

2020年 01月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

メモ帳

その他のジャンル